新日本プロレス14 雑記(ダリル、Tシャツ、飯塚さん等)

誕生日プレゼントに何が欲しいか友達に聞かれて、ダリルのぬいぐるみをお願いした。

私がはまり始めたときには既にヒロム選手はケガでいなかったので、どんだけ人気だったのかはわからないけれど、おしゃれだし怖いもの知らずの試合だし言動も刺激的だし、今もファンが復帰心待ちにしてるのわかるなー。

闘魂ショップに行った時、あのぬいぐるみ無いな、欠場中だからかなと思ってネット検索したら専用グッズじゃなくて普通のメーカー品だと知り、びっくりした。かわいいの選んだんだな。どうやって見つけたんだろうな。

もらったぬいぐるみは車の助手席に座らせている。車にぬいぐるみ並べるような人を冷めた目で見てたのにな。姉から車をもらったら、女性が好んで乗る車種になったので、プロレス知らない人が見たら、ただのかわいいもの好きのふわふわの甘い女の子の車に見えるだろう。小さいのとダリルサイズのをもらったので、小さいのにフェルトでマスク作って被らせるのを楽しみにしている。

ロスインゴファンじゃないけど、内藤選手の言動をやっぱり注目してしまうし、サナダ選手のTシャツかわいいから買って職場に着ていってるし(パラダイスロックを誰かにかけてもらってどんな気分になるか試したい)、ヒロム選手が復帰するのを楽しみにしてるし、他の選手もキャラ立ってて華があって好きだ(レスラー大体全員好きだけど)。

筋肉マニアの友達が「内藤は顔と筋肉が合ってない」と言っていて、何言ってんだと思って内藤選手がTシャツ脱いだ時観察してるけど、やっぱり何言ってんだと思う。

 

夏になったら職場にプロレスTシャツ着ていくのを楽しみにしていたけれど、いざデザイン重視で普段着たいやつとなるとウーンとなり(普段シンプルな服を着ているのでネタTやバレットクラブのとかは私にはデザインが強すぎる)、けっきょくサナダTと飯塚さんのアイアンフィンガーTをちょいちょい着て行き(飯塚さんの引退記念の顔のやつも持ってるけど勇気が出なくて着られない)、それでもやっぱりいつものイメージと違うねとツッコまれている。

自意識過剰なので、プロレスTシャツを着て週刊プロレスを買わなきゃならない時、なんか恥ずかしい!ファンアピールしてるみたい!ノープロレスノーライフとか言い始めちゃう人みたい、となった。

新しい世界を知ると、世界の風景が違って見えるようになるけれど(英語を学んでからの世界の見え方の違いは子供のときだったのに今でも衝撃が残っている)、プロレスというレイヤーが私の目に加わり、新日関係の服着ている人けっこういるとわかった。しまむらかもだけど。背が大きくてムキムキの人がいると、プロレスラーかな?とついつい視線が行ってしまう。

飯塚さんといえば、5月?にももクロの番組にあのキャラクターのまま出ていたそうですね。2度と表舞台に出ないと思っていたけれど、ヒゲとか頭とかも普段あのまんまなのかな…。芸能活動は続けるなら、水曜日のダウンタウンのプロデューサーがプロレス好きだから、出してくれないかなあ。芸人への罰ゲームに、よくライガーさんがビンタ役で出てきているけれど、飯塚さんも芸人の頭に噛みつく役とかで出てくれないかな。むきむきの体のままで。

って思いながら昔の週刊プロレス読み返してたら、引退してから現役復帰した選手たちを1ページ使って取り上げてて、みんな引退撤回するんだ、じゃあ飯塚さんのもべつにいいねとなんとなく納得。大仁田厚は7回か…(私には政治家のイメージしかない)。

お笑い芸人さんはプロレス好きな人が多いようだけれど、後楽園にも来ているのかな。そんなに会場大きくないからわかりやすいと思うけど。飯塚さんの引退試合ももクロが来ていたのも全く気付かなかった。まああれはテレビ関係だから出入り口違くて始まる直前にひっそり入ってきたんだろうけど。他の芸能人も違う出入り口から来てたりするのかな。見つけるのが私より得意な友達も見たことないらしい。みんなオーラ消してるのかな。ミーハーなので見てみたい。

G1も興味があるけれど、チケット値上げする大会と知らなかった。何ヶ月か前にメールで先行情報のお知らせ届いて、後楽園ホールでさえ普段より3千円位高いと知り、エエ!?ってなった。海外からたくさん選手呼んでお金かかるという事なのだろうか。決勝だけ見に行こうかなと思ったけど決勝はさらに高いですね…後ろの方の、選手が点くらいにしか見えない席で観戦かなあ。

---------------------------------------------------------------------------------------

全日本の青木篤志選手が交通事故で亡くなったと知った。知ったのは職場にいるときで、プロレスラーが亡くなりましたよと名前を教えられた時、正直誰かわからなかったけれど、その日1日どんよりとしてしまった。

ノアを見たから、次は全日も見なきゃと意識し始めていたところだった。この間買った週刊プロレスを確認したら、試合結果を知らせるページに当然のように名前が載っていて、胸が苦しくなった。ツイッターのアカウントを確認したら、事故が起こる数時間前まで当然のように生きていたのを感じた。

プロレスは流れが早く、すぐ引退したり海外行っちゃうから応援できるうちにしておかなきゃ、と思っていたけれど、命がなくなってしまうのは、本当に最上級の喪失感だ。いくら鍛えているレスラーでも、むき出しのバイクではどうにもならないんだな。ご家族は大丈夫なのだろうかとかいろいろ想像して悲しくなってしまう。

青木選手のご冥福をお祈りいたします。