新日本プロレス12 スーパージュニア26観戦

24日に、後楽園でスーパージュニアを観戦した。1番見てみたかった大会だ(G1も興味あるけど後楽園でさえチケット高くてちょっとノリで買えない。スーパージュニアも後楽園売り切れになったみたいだから来年は足元見てくるのかな…)。

シングル戦、というのを見たことが無かった。今までは前哨戦みたいなのばかりで、おもしろいけど、選手が本当に自分のすべてを出し切るみたいな試合も見てみたいなあと思っていたので、今回が初めての機会になった。

開場時間までビルの外で友達と話しながら待っていたのだけれど、SNSで顔出ししてて、試合のこと検索してると見かける人がけっこういて、狭い世界なのかな?と思った。何割が常連なんだろうなあ。

友達はデスペさんのTシャツを着たいけど出てないしなあと田口監督のTシャツにしてたけど、ヘビーで全然出てない人のTシャツ着てる人けっこういた。

ファンクラブ撮影会はグレシャム選手だった。小柄で、160センチの私と同じくらいの背の高さだった。優しい目をしていた。手もけっこう柔らかかったような。正直興味無かったけれど、ちょっと交流できるとすぐ応援したくなってしまう。

通路でチケットチェック受けてる時、向こうからやたら大きい人が歩いてくるなと思ったら、ブロディキングだった。サイン会に向かう途中だったようだ。わあ本物が横を通ると思って見上げて見つめていたら、目が合ったので、会釈をしたらニコってしてくれて、ちょろいので一気に好きになってしまった。試合動画で見てると分からないけれど優しい顔してて、サンタさんみたいだなと思った。

初めてファンクラブ先行でチケットを買った。誕生日なので一番前になるといいなと思ったけれど全然で(プロレス関係でないオタクの友達に愚痴ったら「買い続けるしかない」って言っていた)、でもまあ段差がある席で見やすかった。スピーカーの音大きくて辛いかなと思ったらやっぱり音が大きい。軽く左耳が耳鳴りした。

友達が先日地方のチケットをわりとぎりぎりで買っていたのに、花道のすぐ横の席でリングも近く、すごくよかったんだけど、ファンクラブ会員に良い席をあげるっていうわけじゃないのかな?キャンセル分とかだったのかな。

以前座ってものすごく嫌だった西側A列の15~21番のまあまあ近くの席だったので、そこに座ったお客さんたちの様子を見ていたけれど、やっぱりみんなそこがハズレ席だと試合中気付くようでハアとなっていた。酒こぼす客もまたいたし。後楽園は汚れてもいい服とバッグで行かないと危険だ。

試合前に映像が流されていたけれど、髙橋ヒロムが去年優勝したときの映像が流されると、眺めている人が多かった。みんな復帰楽しみにしてるんだな。待っててもらえるレスラーってなかなか少ないんじゃないかな。


後楽園はライトがオレンジ色で、スポットライトもけっこう強い。ワールドだとけっこう彩度落としてて暗く見えるけど。先日見たノアの大会で体調おかしくなったので強い光にはじめちょっと緊張してしまったけれど、試合に引き込まれたらすぐ落ち着けた。

全部シングル戦、しかも全10試合だった。終電大丈夫かな?と心配になったけど、いつも通りの時間で終わるように調節はされていた。

いつもこういう感じなのかと思ったら、去年よりも試合数増えて過密スケジュールで全部生配信で実況入るから手を抜けなくて、という選手にとってはきつい大会になったようだ。日に日にテーピングの個所が増えていく。選手生命短くなっちゃうよなあ。

スーパージュニアは観客席との間に柵を設けないことになってるらしいけれど、いつもの何倍も選手が席に突っ込んでいた。それを一番後ろで受け止めるヤングライオン、大変だな(さっき去年のスーパージュニア見てたけど、1年で一緒の人とは思えないくらい身体が大きくなっている)。

タイガーマスクの入場ジャケットかわいい。欲しい。

ウィルオスプレイの動きがすごすぎて、やっぱり違う人間の集まりだなあと思った。

TAKAみちのくが珍しく飛んだりしてたので、そういうのやるんだ、となった。久しぶりにやってみたら怪我しちゃったのかな?欠場するとフリーの選手ってお金もらえないんだろうか。

鷹木選手が入場すると、体躯が良すぎるので、絶対100キロあるでしょ、ジュニアじゃないでしょとみんなクスクス噂していた。

DOUKI選手マスク苦しそうだ。これを機に新日のコスチューム作る人がアドバイスあげたりするのかな?マスクだけなら作ってもらってもそんな高くないのかな。

ロビーイーグルスが頭から出血していた。私、昔コンクリで頭打って出血して医療用ホチキスで留めたことがあるけれど、2~3年は雨の日とか気圧の変化があると傷がズキズキ痛んでいた。それが日常って、すげえなあ。

メインはロッキーとエルファンタズモだった。正直、期待していなくて、外れかなあくらいに思っていた。10試合目っていうのも、集中力が限界で、友達はすぐ眠くなっちゃうタイプだから9試合目でウトウトし始めていて、他のお客さんもスマホ見たりして集中力無くなってきてるなあというのを感じていた。場外乱闘とかも、何回も見ているので、また同じパターンかなあとか思い始めていた。

空気が変わったのは、ロッキーがファンタズモを鉄柱目がけて投げ飛ばしたあたりだろうか。カーンという大きい音が反対側のこちらにまではっきり聞こえた。「え?ロッキーやばくない?」と友達がざわざわし始めた。その後リング内に戻り、こちらに顔が見える状態でロッキーが攻撃を続けていたんだけれど、目が本当に怖くて友達に抱きついてしまった。一線を越えたレスラーは怖い。「目がやばい超怖い」「まじやばい」と連呼してしまった。本当に殺そうとしてるんじゃないかと思った。関節が曲がっちゃいけない角度でファンタズモを強く叩きつけていて、折れちゃうよ死んじゃうよ。とんでもないものを見ている気分になった。

ワールドで試合を見ていて、キレてワンランク上のパフォーマンスをする選手のやつとか見ると、いいなあ、こういうの生で見てみたいなと思っていたけれど、実際見るとめちゃくちゃ怖いとなった。帰ってからワールドで見返したけれど、あのレスラーが出す空気というのは伝わらないもんなんだな。ただの盛りあがったおもしろい試合に見える。

ナカスゾコノヤロウはこのことだったのか。こっちが泣きそうになりました。

逆に、こんなに盛り上がる試合というのも初めて経験した。地鳴りみたいな下から突きあがるような歓声が起こっていた(やっぱりこれも、ワールドだと客席の声かなり音量絞っているから伝わらないよな)。私も心から拍手してしまった。ロッキー新日に14年いて初めてシングルのメイン戦だったらしい。

 

帰り、いつもよりやや遅い時間だったので、3Kが引き上げていくの見ちゃったけどさっさと帰ったものの、野球観戦の人たちと帰りがおもいっきり被ってしまい(野球シーズンに来たことなかったので想定外だ…)、いつもの電車に乗れず、45分待たなければならず、ああ…となった。広島と巨人戦だったようで西の方の訛りの人たちがいっぱいいたけど、野球のためにわざわざ観に来てたのかな?すごいな。

 

 はあナカスゾコノヤロー感がまだ残ってる