読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫を轢きたくない

年に2回くらい同じメンバーでファミレスに集まって長時間話をするのだが、夜10時ぐらいに解散になって、疲れたなーと思いながら空いた道を走っていたら、陸橋でライトに照らされて、車に轢かれて死んだ白猫が美しく横たわっていて、一気に悲しくなった。

車がガンガン走る帰宅ラッシュの時間、片道2車線の道路に猫が迷い込み、中央分離帯まで行ってしまい、その後の展開を考えて悲しくなってしまった。

今日の朝、車を走らせていたら、カラスがやけに群がっているな、生ごみの袋かなと思ったら車に轢かれて死んだネコをみんなで美味しくついばんでいるところだった。私はそこで勝手にカラスに対して嫌なイメージを抱いたけれど、人間がカルビ食べてる感じかな、朝からごちそうかな、轢かれたてでフレッシュなのかな、あのまま保健所に回収されて燃やされるより、食物連鎖的にはいいのかな、鳥葬かな、という結論になった。

猫を轢いたら人生が終わる気がするので気を付ける