読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憂鬱

2015.5.23

今日ふと「私ってもしかして5月病じゃないか!?」と

思ったらその言葉がしっくりきた。

普段から憂鬱だが、この1週間は輪をかけて憂鬱で、

朝起きると「学校行きたくないな」とまず第一に思う。

思ってから「学校じゃない、仕事。」と思い直す。

高校の時は、授業についていけないし、3年生のときにいたっては

無口が故、友達ができずクラスから浮き気味で苦痛だったため、毎日

「学校行きたくないな、でも1回行かなくなったらもう

行かなくなるだろうから行かなくちゃ。」を繰り返していた。

学校という場がダメなようで(集団行動できないのだと思う)、

保健体育の性の授業で4回くらい貧血起こしたのだけれど、

今思うと慢性的なストレスも関係していたなと思う。

「机に座ってみんな同じ格好している」というのを考え始めると

気持ち悪くなってきたのを思い出す。

ああ社会で働きたくない。自分の中に引きこもっていたい。

しゃべりたくない。声出したくない。

今憂鬱なのは、3月の末からやってと言われている報告書を

未だに出していないからだとわかっている。

日中はやっている暇がなく、「家に帰ってやろう」と

思うけれどパソコン開くとツイッターとか見ちゃうし

8時くらいから眠いし、寝ちゃう。それを2か月繰り返している。

根が真面目だから辛い。学生の頃から変わらない。

たぶん集中すれば2時間くらいで終わるが、

時間がたちすぎて触るのが怖いという悪循環。

上司がいつ言い出すかとハラハラしているのに。

休みで遊んでいても、それが片隅にあるからハラハラしている。

こういうタイプって病気になりやすいんだろうな。

大学の卒論もこんな感じで時が経った。

卒論の前にも3回くらい提出物そうやってごまかしたが、

進級に関しては甘い大学だったからそれで済んだ。

高校でも数学はテストで2点取る理解の無さだから

課題を出されても答えを書き写すただの手の運動でしまいにはそれも放棄し、

全然出さなかったけど

そこまで厳しい判定は出されなかった。

中学では塾に通っていたけれど、宿題全然出していなかった。

家で作業ができないとわかっているのに10代のこと今にも持ち越している。

やっぱりうまくいかないのはこの辺にあるんだろうなあ。

親よ、なぜ私に夏休みの宿題をこつこつやらせる習慣をつけさせなかった、と

小学生までさかのぼって親を恨んだりしている。

自己啓発っぽくて好きじゃないけど、「やればできる!」って

自分に言い聞かせるとじゃっかんやる気が出る気がするので、

これで自分を洗脳しようと思ったけれどやるかはわからない。

5月病って最近聞かなくなった気がする。

SNS流行って、みんなが鬱っぽさ主張したり、仕事で疲弊しているのを

自慢しあったりしてる影響かなあ。

明日で26歳だ