手相

2015.5.6

ゴールデンウィークは日曜まで仕事になってしまい、

6連勤で3連休、のちょっとした連休だった。

月曜日に横浜中華街へ友人と行って来た。

連休の中華街はとにかく人が多いので、

人ごみにいると無駄にイライラしたり

クラクラするタイプにはおすすめしない。

中華街には占いのお店がたくさんある。

女4人で行ったので、手相を見てもらおうと

いう流れになった。

大体どこも手相は10分千円で見てもらえる。

4人とも同じ先生に見てもらった。

それぞれけっこう頷いていた。

私は一番最後に見てもらったのだが、

私の手相を見ると、先生は開口一番

「あなた実家暮らしで楽してるわね」と

言った。私の手相は全体的に薄いらしく、

それが楽している人の手相らしい。

その前に4人で貯金の話になり、実家に金を入れず、

携帯代も支払わないということがばれ、

(親に依存してる割にそれがばれるのは恥ずかしいので

言わないようにしていた。)

3人に信じられないという表情をされた前振りがあったので、

みんなそれ見たことかという顔だった。

占いというと恋愛がつきものだが、私は恋愛経験0なので、

「今までは妄想しがちだった?客観的に選んだ?」と

言われても「0です」というのはプライドが傷つくので

言えず、25歳でそれは異常なんだなというのを実感した。

雑誌の星座占いに興味が無いのだが、恋人がいる・いた

前提で書いてあるからかもしれない。

私の生年月日だと「男がばんばん来る・金遣いが荒い」と

いうことになるらしいのだが、私はこの占い師が

私には合っていない、ということにしておく。

とりあえず楽している手相だというのが心に突き刺さっている。

(確かにそうだからね!ニートできただけ親が甘いんだね!)

高校生で図書委員をしているとき、司書の先生に手を見られて

「労働していない手ねウフフ」と言われたのが怖くていまだに

覚えているのだけれど、荒れづらい手ということにはならないのか。

ニートだった…というのを気にしているけれど、友達は

「家がそれだけよゆうがあるんでしょ、私だったらもう働かなきゃだもん」と、

まあ慰め的に言ってくれるのだけれど、

ニートだったというのを自虐的に言うのも、誰かをムカつかせているのかもしれない。

何にも言えなくなっちゃうよーただでさえ無口なの怒られるのにー