読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通になれるかな

2015.1.4

友達の学生の時の友達つながりで、

初対面の人たちとの飲み会に参加した。

街コンとか考えただけで気持ち悪くなるタイプだし、

職場の飲み会も「早く帰りたいなあ」と思っているタイプだが、

その友達とも何か月かに一回しか会えないので、

勇気を出して参加した。

みんなおしゃべりで、下ネタばかりで、楽な飲み会だった。

友達は頭がよく、頭のいい大学に行ったので、必然的に

そのお友達も頭がよく、会社勤めしてる人はしっかりした

ところにみんな勤めていた。

陰湿な私は、家帰ってきてその人たちの初任給調べて

クウ…と勝手に膝を抱える。

彼らはお給料に見合う知的さと努力を持っていたし、

ぜひリストラされずがんばってほしいなと思ったので、

これはルサンチマンなんかではない。

実家の庭で産まれてしまい、しかたなく避妊手術して世話し、

野良からだんだん家猫になってきた「ちび」を溺愛している。

野良猫の寿命が2年と言われていて、家猫はまあ15年くらいとして、

半野良のちび8歳の寿命はあとどのくらいだろうか。

親には「ちびが死んだら私も死ぬ」と言ってある。

何年後だ、何年後だ

今の仕事を続けても、一人でぎりぎり生きてはいけるが、

あまりにも不安すぎるし、合っているとは思えない。

仕事っていうのはそういうものなのだろうが、

10年後も同じ仕事している想像ができない。

中学の時、学年はそこそこ荒れていた。

ヤンキーは教室中に染み渡るように香水をかけて、

髪のえりあしを自分で金髪にし、授業中ふらっと教室を

出て行って、「サルでもいるのかな」という叫び声を

あげていた。

万引き自慢をし、時々先生が殴られて、弱い男の子も

暴力の標的になっていた。

私にはそういう道を外れる発想が無かったし、むしろ

レールから外れたほうが大変なのになんでわざわざ外れちゃうんだろうと

思ったけれど、今の私はレールから外れているな。

自習中、ヤンキーの中心人物は友達と会話をしていたけれど、

「チーマーのヘッドになって、20歳になったら死ぬ」と

言っていたのが印象的だった。

人間、未来の展望が無いと「死ぬ」になるんだな。

結局、20歳を超えた彼は死んでいなくて、たぶん普通に働いている。

私は、15歳だった彼と発想が一緒だ

 

 

 

「猫いなくなる数年後、死ぬ」

お正月の番組

2015.1.3

年末に鼻と喉をやられる風邪をひき、

飲み会があるのでじゃっかん無理をしていたら

こじらせぎみで、31日から

「なんか気持ち悪い気持ち悪い」となり、

1日は起きてそうそう気持ち悪いので胃液を吐き、

お雑煮も食べて1時間でリバースして、

今年のお正月は正月太りの心配がなさそうである。

睡眠時間が長いしあまり人ごみにも行かないので

体調不良にはあまりならず(性格が暗いので

いつもどんよりしているのは除く)、

熱を伴う体調不良にならないので、発熱っぽくなると

興奮してしまう。

本当は一般参賀で皇族に手を振る予定だったが、

体調不良で遠出するのもどうだろうということで、

地元のいつも行く美術館と観音様お参りして、

混みすぎるイオンに行って何も買わず、

母がスーパーで寿司パックに半額シールを図々しく

貼ってもらい、去年と変わらないお正月だった。

「お正月の番組はつまらない」とそこら中の人たちが言うけれど、

正直私も今年の夜は観るのがねえなと思うけれど、

昼間の、芸人が地方に中継しに行くのとかすごい好きだ。

数年前の、狩野英孝が地方ロケで、素人の初老のおじいちゃんと

かき氷早食い対決をして、おじいちゃん何かの大会で

良い成績を収めていたはずなのにペースが遅く、

流れとしては芸人の狩野が負けるのが普通だと思うが、

狩野は横目でちらちらおじいちゃんのペースを見ていたのに

勝ってしまい、焦っていたおじいちゃんが鼻から

かき氷を出していて、とても面白かった。

あれを思い出すたび幸せな気持ちになる。

今年は良いことありますように

 
 

25歳

2014.12.27

あっという間に25歳だ。

若さでいろいろ許されていた年齢も終わりの頃である

フェイスブックをやっているのだが、ニート脱却の頃に

職場の人に頼まれて始め、「個人情報見せたくない」と、

頼まれでもしない限りめったにイイネ!も書き込みもせず、

今もシェアが何なのかよくわかんない感じなのだが、

やり始めたころはまだ学生の友人が楽しく飲み会してたり、

留学先での集合写真をアップしてたり、なんだか楽しくしてますね、

という感じで、そんな彼らも卒業してからは静かになってしまいましたね

と眺めて、そんなこんなで始めてから2年近く経った今、

「知り合いかも?」に知らない名前の人が出ている、

でも下の名前の人は知っている、顔写真も似ている→クリックして

結婚報告出てくる、を何回か繰り返しているこの数か月である。

私が実家に帰ってきて、自分の社会不適合性について不安を感じたりとか

いつやってくるかわからない庭猫ちびちゃんを待って2ちゃんまとめとか

見ているうちに、そういう人の人生も流れていたのだ。

今日、仕事が終わって歩いていたら、路線バスに乗ろうと

キャリーバッグを引いて走る男の人を見た。

実家に帰るんだろうな、と瞬間思った。

私は大学生の頃、石川県にいたので、

実家にたまに特急を使って帰るときは、大きい鞄を携えて

いる自分というのになんとなく誇りを持っていた。

周りのように東京を選ぶことなく、そこそこここより

都会の地を選んだ、石川は冬のどんより天気の雪でべちょべちょで

傘を持って帰ったら、快晴で乾燥する地元には

似つかわしくなく、通りがかった10代に「なんで傘持ってんだ」という

表情をされた気がしたのも誇りだった。

地元から出る、というのにはそういうのがあった。

「実家に帰る」という響きに自分が憧れを持っているのに今日再確認した。

大学生の頃「26歳まで結婚に全然縁を感じなかったらお見合い結婚する」と

考えてた気がするけれど、実行しなければならないのが濃厚になってくると

いやだな~いやだな~となっている。

25歳の自分に価値が無いなら、30歳の自分にはもっと選択肢のない

世界が待っているだろうなとわかっているが。

ある公務員の仕事を目指していて、結局それは叶わず、もう少し入りやすい、

しかし私にはとうてい受からない公務員の仕事についた友達がいる。

私にとってはどっちの仕事もとってもかっこよく、ずっと勉強していたからこそ

着地地点がそうなったのだと思う。

私は大学生の時何も考えていなかった。「文章の仕事がしたい」という

曖昧で、そこらじゅうに腐るほどいる文系大学生の一人で、

「一人で食べていけたらいいな」というぼんやりとした目標の結果、

「一人で食べていけない」という着地地点になった。

「一人で食べていくにはお金を稼ぐために就職しなくてはならない」のに

ハローワークに行くのがつらい」「見てもどの仕事にもつけなさそう、したくない」

「面接官にきついこと言われて辛い」「車の運転怖い」

「現実を見るのはお腹痛い」で、過程ばかり気にして自滅した。

私より占いに傾倒する母が「来年は良いことあるわよ、誘われたらめんどくさがらないで

なんでもチャレンジするのよ」と言っているが、

何が起こるのだろうか

まとめサイト

2014.12.2

パズルにはまっている。

職場の人がやっていたけど難しすぎてギブアップしたやつを

家まで持ち帰り、仕事から帰ってきて雑用をサッと終わらせ、

黙々とやっている

2千ピースで、北海道の風景写真をパズルにしてあるのだが、

真っ青の空とお花畑と遠くの街並み、という同系色

連続で、空はもう横のピースの形を見て一個一個

はまりそうなのを当てていく、というしかたでやっている

普段は12時くらいには眠くてしょうがないが、早く終わらせたい、と

夢中になって脳が興奮するようで1時過ぎまでやってしまう

ネットをする時間が激減した。

ツイッターはやはりチェックしてしまうが、幸か不幸か

ツイッター離れをしている人が増えて、一日のタイムラインも

すぐチェックできてしまう

ついでに動物系のまとめサイト以外見なくなっている。

つい数日前まで、「がはログ」「あじゃじゃしたー」「哲学ニュース」などを

延々ループして更新してくれるのを待っていた感じだった。

ニート中はもっと酷く「まとめサイトまとめサイト」をウロウロしていた。

ある記事がきっかけだ。

どこか西の県の公立女子大学に、男性が入れないのは違憲ではないかと

訴えたという記事。それのコメントで、「国立女子大に入ることはできるが、

結局受験途中で辞退したり辞めてしまう」的なのがあった

その後新聞で同じ報道を扱っていたのだが、まとめサイトのコメント欄でも

出てきた大学に新聞社が問い合わせると「受け入れていない」だとか「男性からの問い合わせが

あったことも無い」と回答されたとあり、「全然違うじゃねえか」と衝撃が起こった

前々から「ここにコメントしてる人たちってどういう人たちなんだろう、ニートとかが

他人あげつらって笑ってるのかな」とか、

ツッコミ口調だけど他人とのコミュニケーションが噛み合わない

オタクっぽい男の子を見ると「うちの兄ちゃんみたいでキモイな、

にちゃんとか見てるのかな、ニコ動かな、こんな子が書き込んでるのかな」と

思っていたのだが、今回の相違で、間違った情報信じるのは怖いな~怖いな~と思い、

見なくなっている。これが習慣になればいいが

小学生の時、パソコンで調べものしましょうという時間があり(まだ電話回線の時代だろう)、

私はその頃どっぷり少女漫画オタクで漫画家になりたい人だったので

「漫画」の語源を調べたのだが、「万の蛾が由来だ」というページがあったので

そこを書き写したのだが、たぶん間違いだと思い、先生読んでなんて思ったんだろうと

今もちょっと恥ずかしくなる。

ネットこわやこわや

人間観察

2014.10.26

テレビブロスに連載してるマキタスポーツさんが以前

「1億総ツッコミ時代」と称していた。

SNSや動画サイトが普及した現在の日本は、

そういったメディアで目立つ行動をとる人たちを

嘲笑して攻撃して、自分では何も行動をとらないのに

他人の揚げ足を取ろうとしてる人たちだらけだと論じていたけれど

(この説明で合ってるのか自信が無いけれど)、

私も確かにツッコミばっかだな…と感じていた。

しかしこの間自分のブログを読み返しながら、

「就活の面接で泣くってけっこうボケてるほうだな」とも思った。

基本的に弱っているときしか泣かない。

16年生きた犬が死んだときも泣かなかった。

おばあちゃんが死んだときも泣かなかった。

どちらも呆けていたから、狂った鳴き方だとか、狂った電話攻撃だとかに

家に一番に帰ってくる自分が遭遇していたので、

正直解放されたくらいに思っていた。

先日の友達の結婚式も、泣かなかった。

感動の涙は一生流せない気がする。

大学の時の授業で、発表がうまくいかな過ぎて発表中に泣いた。

困ると泣く。その後の教授が私に気を遣ってくれる姿がトラウマだ。

現在の私はコミュ障の自分をどうにもしてこなかったツケだろう。

大学二年の時に「自分を変えよう」と一瞬思い、

レストランのバイトを始めたらバリバリの体育会系で、

仕事のテンポについていけないし疲れて眠れないし

「何のためにわざわざ遠い大学まで来たんだ、搾取される」と思って

2か月くらいで逃げるように辞めたが

(辞める電話はもっとも嫌な電話だった、その後の面談も嫌な時間だった、

書いててどんどん自分のダメ人間さが嫌になってくる)、

「すぐに辞めた」ということが根が真面目なのでショックで、

しかもそこらへんまで自分が社会でやっていけないタイプと自覚していなく、

「大学の勉強がんばってもコミュ障だから何もつながらないじゃん」と

どんどんネガティブになり、成績も下がり続け、卒業した。

今思うと、大学の勉強がんばってたら、何かしらにつながってたと思う。

就活していた時、

「人間が好きなようには見えない」と面接したババア(恨んでいる)に言われ、

今就職した職場でも最初のほうに「人間好きじゃないでしょ」と言われ、

二人の人に言われるくらいだから私は好きじゃないんだろうなと思って

二人目の人には「はい好きじゃないです」と答えたんだけれども、

今思うとそんなこと言ってくる相手がおかしいし、

(二人目の言ってきた人に今職場全体が振り回されている)

思っていても言っちゃいけないことってあると思う。

そんでもって人は好きだ。でも言語コミュニケーションは苦手なんだ。

10代の時に「周りと違う自分を演出をしたがる子」が「趣味人間観察」と

言いたがるけれども、本気で人をよく見てしまう。

だから、その人が気に入るプレゼントをするっていう能力はあると思っている。

コミュ障の言う「人間観察」ってすごい痛いけど。

「趣味 人間観察」と「前略プロフ(私が高校生の頃あった携帯で更新する

個人ブログみたいなやつ)」の

自己紹介の欄で書いていた中学の同級生を二人覚えているけれど、

二人ともコミュニケーション能力すごかったなーと思っている。

片方は男の子で、小学校の作文で臨海学校のエピソード書いてて

「他校のサッカーやってそうな子に話しかけ、臨海学校の後もアピタで遊んだ」と

小学生のころからコミュ障驚きの内容を書いてたし、

もう片方の子は女の子で、サッカー部のマネージャーをして、

成人式では薬指に指輪してたタイプだ。

その子が前略プロフの「特技」で

「人を笑わせること…?何も面白いことしてないのにみんな笑うんだよ(困り顔の絵文字)」と

書いていたので、いつのまに人工的天然ボケかますようになったんだろうと驚いた。

しかしそうやって自分を演出できる人間のほうが他人に優しくなれるんだと思う。

ちょっとはナルシストじゃないと人にやさしくなんてできないんだと思う。

ついついツッコミをしてしまう

困るとすぐ泣くタイプのコミュ障が対人コミュニケーションがんばる姿って

「奇行」っぽくないかな、奇行は嫌だな、そっちの世界には行きたくないなーと思うけれど

「まともな大人になりたい」というのが達成できていないのでどうにかしなければならない。

 

 

 

 

どうしよう

運転

2014.10.19

車の免許を取ってから2年半くらい経った。

事務手続きは苦手だが、免許更新できたし、

交通安全協会に入ることを自然と「はい」と

言ってしまいそうになる事務のおばさんのトラップも避けられた。

車の運転はずっと苦手だ。

免許を取ってから就職するまでは、月に一回乗るかどうかだった。

大学を卒業しようとしていた時期、私の就職を焦っていた母親は、

車が無いと生活できない、自動車免許必須の地で困らぬよう、

地元の教習所に連絡をして3月中に取れるように予約を入れ、

他大学より早めにある卒業式が終わるとすぐに教習所に通うような

プランが組まれ、同級生で一番に引っ越しを済ませてしまった。

焦って取る必要もなかったじゃないかハハハハハ

運転は怖い。運転している時はいつだって人を轢いてしまうんじゃないかと

ドキドキしている。片側が渋滞で詰まっている道をスイスイ通らなければいけない時は

「ガキが飛び出してくるかもしれないガキが飛び出してくるかもしれない」と

ずっとヒヤヒヤし、巡回中のパトカー並みに慎重な気持ちになっている。

「密着警察24時」のような番組が好きだったが、運転免許を取ってからは

自分も捕まる立場になるのかもしれない…と怖くなってしまい見られない。

同じように運転に恐怖を抱いていた友人が、乗り始めて数か月で楽しくなったようで、

高速も吹っ飛ばしているようで嫉妬してしまう。

運転を毎日するようになって2~3か月は、もう恐怖で全身が震えてしまい、

歯はガチガチなるし手も震えるし膝も震えるし、これはブレーキが踏めるのか?

と不安になりながら運転し、歯のガチガチを止めるために歌を歌って

ごまかそうとしていた

初心者マークも免許を取ってから2年くらいつけていた。途中で色が薄くなったので

後ろの車に緊張感を持ってもらうために一回買い換えた。

お守り的な気分だったんだと思う。大雪で道がまだまだガチガチだったときも

それで運転していたが、他に初心者マークいねえな~となったし、

後ろの車の緊張感がすごかった。

今はまあ嫌だけれども運転は慣れ、一日3時間くらい運転していることもあるが、

高速は怖くて乗れない

べつにいつ死んでもいいかな~という気分で生きているけれど、

交通事故で死ぬのはなんか嫌だ。痛そうで死ななかったら下半身不随とかだし、

ありがちという点で嫌だ。しかし山噴火して死んでも美談をメディアに紹介されるから嫌だ。

今は障がい者福祉系の仕事についているので、「障がい者の皆さんに愛されてた」とか

言われるんだヒエエ。

最近、母親と一緒の車種で、色も一緒で、しかもナンバーもほとんど一緒という車をよく見かける。

遭遇する場所から「たぶんあの団地のあたりに住んでるんだろう」と

見当をつけている。

通勤路で信号待ちしていたら、その車が近くの駐車場に止まっていたので運命的なものを感じた。

「たぶんこの不動産屋に勤めている…!」とわかってしまい、自分が粘着質な人間だと

わかっているのでちょっと怖くなってきたが、注目している。

初心者マークつけているのに、運転が荒い。道がどのあたりか混むのかわかってないのに

前にやや遅い車がいるのを車線変更して追い越そうとして、失敗して結局遅くなっているのを

見たことがあるし、信号が赤だと横のコンビニの駐車場を通り抜けていた。

その車にどれだけ傷が増えていくかちょっとワクワクしている

 
 

少女漫画展

2014.10.12

六本木の森美術館でやっている「マーガレット展」に行ってきた。

漫画雑誌のマーガレットだ。

先日結婚して東京に住むようになった友達に誘われた。

この子とは中一の時に「りぼん祭り」に一緒に行った子であり、

暗いオタク時代に同調しながらお互いを支えていた

(その後その子はギャル化した)。

六本木は都会だ。

10代の時は都会に対する異常なコンプレックスで東京に行くたびに吐きそうなくらい

緊張していたけれど、いる人はだいたいが元地方民だとわかり、

もうわたしは田舎者として見られてもいいんじゃないかと今は開き直れている。

私はオタク出身であるが、少女漫画オタクであり、アニメを見る習慣も無い。

ニコ動は楽しく見ていたけれど、10代が目立ちたがって暴れている動画が

流行り始めてから遠ざかってしまった。

腐女子でもない。よしながふみくらいは齧っている。大学時代、BLコーナーで騒ぐ女子高生が

「タギッテキター」とオタク用語を使っているのを見てとても驚いた。滾ってきた。

オタクの女の子=腐女子であるのが一般的になったのはいつからか分からないけれど、

周りの腐女子率を考えると、必要条件なのだろう。

この間エヴァンゲリオン一挙に放送してたし見ておいたほうがいいかなと

録画したが、結局消してしまった。エヴァガンダムジョジョくらい知っておいたほうが

いいと思っているが、能動的な行動とはすっかり遠ざかっているのだ。

TSUTAYAで漫画やDVDをレンタルするのが一番安上がりだと思うが、

TSUTAYAカード作って、また返しに行くのか…と思っただけでめんどくさい。

10代まで少年ジャンプは読んでいたがジョジョは絵が怖かったので読めなかったし、

ワンピースもナルトもブリーチも、少女漫画脳の私には「いつまでも闘ってんなー」

でほぼ読み飛ばしていたのでストーリーが追えていない。

まあ、中途半端なオタクなのだ

マーガレット展は入館料が1800円もするのでイライラしたし、実際行って

「地元なら1000円でできるかな…」と思ったが楽しかった。

マーガレット展では監視スタッフが蝶ネクタイ姿だったのだが、

展示の導入部分であいさつしてくれるのだが良い声でしゃべろうとする男の人だったので、

(ここに来ているお客さんは執事萌えとかする人たちなのかな…)

と需要と供給は合っているのか考えてしまった。客層は20歳前後が多い印象だった。

HPを見ると往年のマーガレットファンをターゲットにしてる感じがしたけれど

(ベルばらを中心に宣伝して、その時代の漫画のグッズもたくさん揃えてあった)、

親子以外で中年の人はそんなにいない感じがした。

展示も、ここ10年くらいの作品はほぼ1部屋にまとめられ、実写化する・した話の

宣伝半分、って感じの構成で、現在活躍しているいくえみ綾だとかくらもちふさこなんかも

古い初期のころの作品(20年くらい前?)の展示がしてあった。

私は「興奮するオタク」っていうのがどうも苦手なようで、自分が低い声で早口に

友達と盛り上がっているっていうのが気持ち悪かった。でもこれが、私の青春だったのだ。

最初に映像を見せられるのだが、線画の漫画が涙を流したり少し動いたりするのは新鮮だった。

最後に体感20秒くらい次々と歴代の漫画のキスシーンがシュンシュンシュンと迫ってくる演出は、

とてもおもしろかった。

色々原画見て少女漫画にきゅんきゅんしてた時代を思い出して楽しかったけれど、

記念で撮ったプリクラが30分も並んだのにフレームの数は少ないし落書きできないし600円もするしで

ぼったくりだなと思った。

グッズは悩んだあげく物が増えるのが嫌いな性格が災いしていろいろ買おうと思っていたのに

イタズラなキスのファイルを買う程度だった。気に入ってるけど。

物価がディズニーランドだったのだ

 

 

 

最後はグチグチ書いたが、楽しかった。りぼんでも同じようなことしてくれないかな